夢応援プロジェクト 〜夢をカタチに〜

 

2019年度に「GK(ゴールキーパー)に特化した栃木県で唯一のGK(ゴールキーパー)育成クラブ」として、選手や保護者・指導者のさまざまなニーズに応え、将来日本を代表するGK(ゴールキーパー)の育成を目指すとともに、次世代のGK(ゴールキーパー)を育成できるような人材を育てていきます。

 

また、2021年度より東京支部を新たに立ち上げ、東京都立川市と小平市に東京GK(ゴールキーパー)スクールとして新たに展開いたします。

 

 

 

 

GKアカデミーガイドライン

意識や習慣を変えなければ、何をやっても変わらない!!まずは、私たちに子どもの6ヶ月を預けてくれませんか


2021年度 GKスクール会員 新規募集中!!


GK Academy Guideline

GKコーチ派遣

GKコーチ出張

GKコーチ養成スクール

 

スタッフブログ

会員限定サービス


Message from the coach

教科書に載っていることを教えることだけが、コーチの仕事ではない

子どもの「心」は、その日その日で違います。もっと言えば、その瞬間その瞬間でも変わってきます。
昨日は明るく元気だったのに、今日は俯いて元気がないことや、さっきまで笑っていたのに、急に不機嫌になったりもします。
私たちコーチが見てあげなければいけないものは、目に見えるものだけではなく、このように目には見えない子どもの「心」までしっかり理解してあげて接してあげることが大切だと思います。

 


子どもや家族のために最良なことをしたい。その気持ちは私たちも一緒です

「何かを新しい習いごとを始めよう!(始めさせよう!)」と思ったとき、あなたはどんなことを考えていますか。
「何ごとでも経験だし、何でもいいからとりあえずやってみよう!(やらせてみよう!)」と考える人は少ないと思います。
あなたはきっと「何からやらせた方がいいだろうか?」「いつから始めたらいいんだろうか?」「似たようなものがたくさんあるけど、どこがいいんだろうか?」「これをやることで子どものためになるのだろうか?」などなど、たくさんのことを考えてしまい、反対に分からなくなってしまったり、悩んでしまったりしていませんか。
私にも子どもがいるので、こういった悩みはよく分かります。でも、悩んでいても時間は過ぎますし、大切な時期を逃してしまう可能性だってあります。だからこそ、私が「何か習いごとを始めるとき」や「子どもに始めさせるとき」は、一つの基準を持って決めるようにしています。
それは、その習いごとで「何を教えてくれるか」ではなく、「誰が教えてくれるのか」ということを観ています。今は情報が簡単に手に入る時代です。何を信じていいのか本当によく迷います。だからこそ、常に変わりゆく情報に左右されるのではなく、信頼できる人(先生・コーチ)に大切な子どもを預けたいと思っています。