子どもの強化スピードは大人より数倍早い

こんにちは☀️

第一回ジュニアアスリートヨガ・ピラティスの様子をお知らせします🧘‍♀️

私は、将来トップアスリートを目指すためには、インナーマッスル。いわゆる体幹強化をジュニア年代から導入していく必要があると思っています👆

子どもたちの遊び場の減少。習い事などでの多忙な毎日。携帯電話やゲーム機などの普及により体を動かす機会が年々減ってきています💦

そのため、姿勢が悪い子どもや骨盤が立たない子どもを多く見受けられます。ひどい場合、腰椎分離症やヘルニアといった大きな怪我にも繋がってきます‼️

今回、インストラクターと打合せをする中で、「まずは怪我予防にもなる体幹部の強化をしていきましょう」という流れになりました。

実際にレッスンの冒頭でも、なぜピラティスが重要で、継続して行っていく必要があるのか。また、子どもたちのインナーマッスルの強化スピードの速さと可能性を話されていました💫

レッスンは約60分の中で、体の前部、側部、後部に3箇所をバランスよく鍛えるトレーニング。

体幹を強化するということは、体のある一部分だけではなく、コルセットを巻くように体全体を覆うように鍛えていかなければいけないということで、初回でしたがみっちりトレーニングをしてもらいました🤗

最後に感想ですが、、、

お母さんは想像以上に強いなぁと感じました。中にはプライベートでもヨガスタジオに通っている方やスポーツをやっている方などがいて、余裕すら見えました😄

反対に、子どもたちは弱い😥特に側部が弱すぎる❗️

私は、GKのダイビングで遠くに飛ぶためには、空中で体を固定・安定させることがポイントの一つだと思っています。

今回参加された方以外にも同じような子どもがたくさんいると思います。

出来るだけ早い年代から、自体重を安定して支えられる体幹づくりを行って欲しいと思います‼️

 

 

 

 

PAGE TOP