スポーツ栄養セミナー

成長期だからこそ、必要な食事がある

体に良いもの食べさせた方が良いのは分かってるけど、「仕事をしていて時間がない」「何を作れば良いのかわからない」という方がたくさんいるのではないでしょうか。

そのため、練習後にお菓子を食べる選手がいたり、試合に持参するお弁当は菓子パンだけ…という選手もいます。

セミナーでは、あれをした方がいい、これをした方がいいと考えを押し付けることはしません。「体調が優れない時だってあるし、忙しい中で頑張りすぎると、支える側が辛くなってしまうので、いつも完璧になんてやらなくていいんだよ」といった話もします。

セミナーを通して、少しずつ食に興味をも保護者の皆様や選手が増えてくると嬉しいなと思います。

SCHEDULE
開催日程

イベント名 開催日 会場 申込
スポーツ遺伝子栄養説明会 2020年6月27日 オンライン(zoom) 終了
スポーツ栄養セミナー2019 2019年8月2日 とちぎフットボールセンター 終了

INSTRUCTOR
講師紹介

スポーツ栄養アドバイザー
 永田 綾子(Ayako NAGAYA)

中2、小6、小1のサッカー3兄弟を子育てしながら、多くのジュニアアスリートや保護者の方々へ、食の大事さ、面白さを広めていきたいと思い、スポーツ栄養学の講師となる。
同じ子育てをしている「お母さん」だからこそ伝えられるものを伝えていくべく、栄養セミナーをはじめ、栄養の面から様々な団体や選手のサポートを行なっている。

プロフィールはこちら

INTRODUCTION
スポーツ栄養セミナーについて

大好きなスポーツをずっと楽しく続けていくために

大事なことは、練習・栄養・休養、この3つのバランスです。基本的な事ですが、実はこの3つをバランス良くというのは難しいものです。

練習が重要視されがちですが、それだけではパフォーマンスアップは叶いません。
もちろん練習も大事ですが、何よりも大事なのはその練習に耐えられる、強くたくましい身体作りのために、しっかりと栄養、休養で土台作りをすることです。

成長期のお子さんは、さらに成長するための栄養も必要になります。栄養、休養が不十分だと、成長障害等の問題が起きてしまいます。ケガに悩まされる事も多くなってしまうかもしれません。

食事での成果はすぐに目に見えるものではありませんが、食事を気にかけているのといないのとでは、必ず大きな差が出ます。

子供のうちから食事の大切さを感じ、自分の身体は自分で作る!という意識を持てるよう、まずは、「食べることは楽しいこと」そう子供たちには感じて欲しいなと思います。そして、自分で自分の食べるものを選ぶ力をつけられるように。

飽食の時代だからこその栄養失調と言われる現代ですが、簡単に食べる物が手に入るからこそ、自分で決める、選ぶ、という事が大事になります。そのためにも、子供のうちから、「食事」の楽しさ、大事さ、そして何のために食べるのか、それを少しずつでも感じて欲しいなと思います。

APPLICATION
お申し込み

・参加のお受け付けは、開催日の2日前まで可能です。
・定員に達したクラスについては早期に募集締め切りとさせていただく場合がございます。
・フォーム送信後、ご記入いただいたメールアドレス宛に自動返信メールをお送りします。自動返信メールの受信をもって体験お申し込み完了となります。
・gkacademy@liall.co.jpからのメールが受信できるよう、受信設定のご確認をお願いいたします。

 

AGREEMENT
申込にあたって

お申し込みフォームの送信をもって、以下の事項につきご承認を頂戴したものとさせて頂きます。

・活動時にはスタッフの指示に従い、他の会員との協調性を持ってスクールに参加させます。
・スクール内での怪我については、当クラブにその責任を追及しないことを約束します。
・クラブ公式サイト、各広告媒体にて、ご参加いただく方の写真や動画を掲載させていただく場合がございます。ご了承ください。
・お申し込みにあたりご記入いただきました個人情報は、当クラブ運営以外の目的での利用および第三者への提供は行いません。

EVENT REPORTS
過去のイベント

イベント名をクリックしていただくと詳細な様子がご覧頂けます。

イベント名 開催日 会場
スポーツ遺伝子栄養説明会 2020年6月27日 オンライン(zoom)
スポーツ栄養セミナー2019 2019年8月2日 とちぎフットボールセンター

CONTACT
クラブへのお問い合わせ

お問い合わせは以下お問い合わせフォームからお願い致します。
なお、お返事には2-3日頂く場合がございます。予めご了承ください。(外部サイトへジャンプします。)

お問い合わせはこちら

PAGE TOP