GKキャンプ

GK CAMP


ゴールキーパーキャンプ

親元を離れ、仲間と共にすることで生きる力を育む

キャンプ(合宿)では、選手が安心できる家や家族のもとを離れ、自分自身の力で様々なことを克服していかなければいけません。そのような環境の中で、サッカー、ゴールキーパーを通して自立した選手へと成長するための意識作りを行います。また、同じポジションの仲間と生活を共にすることで、より深い絆が芽生え、一生涯における友だちをつくることができます。

開催情報

記載の情報は前回キャンプのものです。次回キャンプについてはもうしばらくお待ちください。

サマーキャンプ

2019.8.2

LIALL GLOBAL CHALLENGE GK CAMP 2019 SUMMER WITH YNFA」

『この夏、GKキャンプで技術に磨きをかけ、 世界へのトビラを開けよう!』


Yuto Nagatomo football academy
様とのコラボレーション企画にて開催しました。

詳しくはこちら

ウインターキャンプ


2019.1.6〜1.7

「LIALL GK ACADEMY GK CAMP 2019 WINTER 」を開催

 

詳しくはこちら

キャンプの特徴

選手自身の考えの幅を広げるためのレクチャーやグループディスカッション

「試合中、GKはどのような役割があるのか分からない」という選手がいます。

そんな状況を改善すべく、「いつ、どのような準備をするのか」「味方にはどのように声をかけたら良いのか」など、発問形式で選手自身の考えを引き出すようなレクチャーを行います。
また、参加されている選手と同じ年代の選手の試合を映像で見ながら、グループでディスカッションを行い、グループごとに発表してもらいます。コーチから正解を教えるのではなく、選手自身に考えさせ、選手自身の考えの幅を広げていきます。

頭の中に何もなければ整理することはない。
頭の中がぐちゃぐちゃになるから考え整理しようとする。

あなたの部屋を想像してみてください。もし、あなたの部屋に家具や物が何もなければ整理整頓はしませんよね。

そこに、私がたくさんの家具や物、本や家電などを持ってきて部屋に詰め込んだとしたらいかがでしょう。

あなたは、「大変だな」といいながら、整理整頓をすると思います。しかも整理整頓のレイアウトは10人いれば10人とも違ってくると思います。これがまさに、GKキャップの狙いの一つです。

GKキャンプではとてもたくさんのことを伝えます。途中で頭がパンクしそうになることがあるかもしれません。終わったときも頭の中がぐちゃぐちゃの状態になるかもしれません。でも、それでいいと思いと思っています。大切なことは家に帰った後、自分や家族でGKキャンプのことを振り返っていただき、自分なりに整理していってほしいのです。この頭の整理が本物の知識になっていくはずです。

PAGE TOP